紫外線と熱 髪への影響

紫外線、高温、湿気、エアコンの乾燥などで、一年間のうち一番髪のダメージを促進させるのが実はこの時期、夏なのです。 髪にとって一番悪影響なのはUV-Bと言われる、A波よりも強いエネルギーを持つ紫外線B波。メラニン色素を分解しキューティクルを壊し、たんぱく質や水分が流出しパサパサの髪になってしまいます。 日焼けを起こした髪は、肌のように血管も細胞もないために元には戻りません。 色素が薄くなり艶も消え、枝毛や切れ毛の原因になります。 また、汗に含まれる塩分も、髪はゴワゴワしひっかかりやすくなります。 夏場は汗をかいて、髪型も崩れやすいので、つい結んでしまいますが、においもこもり同じ位置で長時間引っ張られるために痒みが起こりやすくなります。 ついポリポリと掻いてしまって、頭皮湿疹を悪化させることにもつながります。 夏場は地肌も疲れていますから、当然抜け毛も増えるところに、結んだままで、抜け落ちることがなく、洗ったときに大量に抜けた気がするのです。 ショートスタイルでも同じ、汗をかいて塩分が髪に伝わると、ゴワゴワしているため櫛通りも悪く留まってしまいます。 健康な地肌から健康な髪は生まれます、髪も地肌もこの時期しっかりお手入れしましょう。 秋は抜け毛の季節? 秋口に抜け毛が増えるのは頭皮が疲れターンオーバーを起こし、だんだんと涼しくなってくることで、代謝が悪くなり、休止期に入る毛根が増えるためです。 髪の毛は5,6年の成長期を終えると、毛母内の細胞分裂が勢いをなくし抜け落ちます。 この際に毛根もろとも落ちてしまうと生えにくくなるため、休止期は約半年ほどですが、次にしっかりと再生できるよう

間違いだらけのシャンプー&リンス剤に有効的な使い方

本来のシャンプーという言葉は「洗う」という意味ですが、もともとの語源は17世紀ごろのヒンズー語からきていて、香油を使ってマッサージをするという意味でした。 18世紀頃英国に伝わり、イギリス南部のリゾート地の浴場で頭部マッサージが始まり、イギリス皇室にも認められるようになったということです。 その後、石けんが開発され汚れ落としのために使用したことから、現在の頭を洗うことがシャンプーというようになりました。 従来シャンプーするということが、最近は過剰広告のおかげで、髪を守るとか艶を出すとか、物理的にあり得ないことを誤魔化し販売しているように思えてならないのです。 シャンプーとは汚れを落とすことなのですが、こういった広告では自分の体から出てくる皮脂も汚れのように言っているように感じられます。皮脂は人体構造の上では外部からのバリアの役目をしています。 皮脂は、外的から守るために皮膚上に皮膜を作るためにホルモンが刺激を受けて脳に伝達し分泌されます。気温が低く皮膚が収縮し乾燥していれば多く排出しようとします。 空気が乾燥して髪もぱさついているのに、皮脂が必要以上に分泌される現象は、合成界面活性剤や残留アルカリなどが原因です。頭皮に残留した成分が皮脂をどんどん分解するため、毛根、皮下組織がそれを補おうとして分泌を促進するからです。 問題なのは髪ではなく、合成界面活性剤や残留アルカリが毛根とその周りにある表皮、真皮層、皮下組織へおよぼす影響です。 夏場、汗を多くかいて、皮脂が汗と体温にて酸化し嫌なにおいになり、洗いたくなる。 ちゃんと洗ったのに、乾かしているとまだ 臭いが残っているという経験は

美容室難民にならないために

せっかく美容室に行っても、髪形のオーダーが旨く伝わらない、ということはありませんか。 髪型を変えたいと思ってもなかなか思うようにいかないと思ったことはありませんか。 失敗しないオーダーのコツをご紹介しましょう。 私たち美容師の側でも、いろいろなタイプの美容師さんがいて、まず入店すると美容師さんを指名しなければならないところから始まります。 いつもの美容師さんならば、何も言わなくてもいつもと同じにしてくれて安心ですが、それでも髪型を変えたいときなどに困ってしまうことも多いと思います。 ましてや初めて行く美容室では、美容師さんの選びようがないので、結局、店長さんやベテランの方にお願いするのですが、その場合でも、椅子に腰掛け鏡を見ながら問診が始まります。 初めての人との会話が苦手で旨く伝えることが出来ず、結局、言われたままになったり、希望と違ってもいえないまま、終了~。ということもしばしばなのでは? さて、美容師側としては、ベテランにしても、中堅にしても、お客様の希望を引き出すところからの問診が始まるわけですが、一番困るのは芸能人などの名前を出されることです。 芸能人といっても、いつの時期か、どのドラマに出ていたときか、あのコマーシャルで・・・ などでは漠然としていて伝わらないのです。 雰囲気がわかったところで、スタイルブックなどを差し出し、イメージを作っていくことになります。 髪型の写真などを持参していただくのが一番わかりやすいのです。 最初の問診で引き出すことがまず美容師としての最初の仕事ですが、こちらがお聞きすることに、いくつかのポイントがあります。 大きく変化を求めているのか

夏の石けん作り

湿度気温が高くなると、オリーブオイルは豊富な石けんは大変溶けやすいのでお気をつけくださいと、皆様に申しております。 保管は冷蔵庫の野菜室など冷暗所へ、ご使用中のものはユニットバスなど密閉空間では夏場は特に溶けやすいので、浴室外にお出しくださるようにお願いしております。 石けんは、混ぜ始める温度や24時間の保温、1か月間の熟成と温度管理に気を使います。 冬は冷めないようにタオルでくるみ発泡スチロールへペットボトルにお湯を入れ24時間キープします。熟成は常温ですがあまり寒いと色がうまく出なかったりします。 反対に夏は混ぜ合わせる前の温度をそろえるのが難しく、24時間で固まりにくくなります。 熟成はお店にもってきて、風通しの良い場所で保管していますが、夏の湿度の高い時は帰り際にエアコンをタイマーかけて帰ります。 翌日出勤すると、外の湿気との差にほっとするくらいに湿度に気を使います。 このように、気温や湿度管理に左右される石けん作り。 いつも同じものができるように心がけています。 お買い上げくださる皆様も、保管が少し面倒ですが、安定剤や保存料などを使わない贅沢な石けんです。優しく扱ってくださいね。 写真はカモミールティの香り石けん 7月3日解禁予定 お取り置き受付中!

Be Styleソープをご希望の方へ

新作石けんは販売中、熟成中の石けんもお取り置き可能です(新作ソープ熟成中のページをご覧ください)

一個¥550

「お問い合わせ」からご連絡ください。

購入希望石けん名・個数等ご記入ください。

石けんで髪を洗う場合のご相談もどうぞ。

送料2個まで定形外郵便切手250円

  3~10個レターパックライト370円

​香りや色について
石けんに使用する色材は化粧品のアイシャドーなどに使われる、鉱物マイカや酸化鉄、クレイなどです。
香りは植物から抽出した精油を使用し、1か月間の熟成期間を経ていますので香りが変化することもありフレグランスオイルなどを使用することもあります。
刺激にならないように香りは控えめ、泡立てた時にほんのりと香る程度です。
熟成後3か月以内にお使いいただくことをお勧めします。
なお、色の変化や香りの減退等がありましても洗浄力には変わりありませんが、保管には涼しい湿気のない場所に保管してください。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

― Be Style―

住所:〒169-0075

東京都新宿区高田馬場3-11-1

tel:03-3367-4758

Email:be-style@paw.hi-ho.ne.jp

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now